MAY 2021  I  VOL.2

Marsaxlokk Sunday Market

​マルサシュロック サンデーマーケット日曜市

IMG_3103.JPG

open market 

every sundays

Marsaxlokk

Sunday Market
at Marsaxlokk

マルサシュロック サンデーマーケット
 

Visiting Marsaxlokk Sunday Fish Market would be one of the top list things to do in Malta.  If you are staying over a weekend, this is the place you will meet local people, local products, and a traditional fishing village. this Market offers you not only reasonable prices and fresh local products but also you will experience a beautiful set on Malta's largest fish village with tons of eye-catchy colorful boats at their waterfront. Marsaxlokk is now a popular tourist attraction, you might find some interesting locally produced souvenirs. In addition, booking a table for your cravings is a great idea to eat fresh Mediterranean seafood here!

​マルタで一番大きな漁村でもあるマルサシュロックは毎週日曜日の朝に開催されるオープンマーケットでも有名です。朝から多くの地元の人や観光客で賑わっています。週末にかけてマルタに滞在する予定のある方は是非一度おとづれたい場所の一つ。地元で取れた新鮮な魚や野菜の販売はもちろん、日用品や、お土産にもなるマルタの蜂蜜やゴゾ島の塩、マルタレースなどもマーケットのお店に並んでいます。多くのお店が現金のみの支払いなので買い物を考えている場合は現金を準備していくことをお勧めします。(近くにATMもあるので日曜日でも現金は現地でも引き出せます。)

マルサシュロック 日曜市への行き方
How to access to the Market

マルサシュロックはマルタ島南部にあるマルタ島で一番大きな漁村
ここで毎週日曜日の朝、マーケットが開催されています。

​ここへのアクセス方法は、バスタクシー。滞在中レンタカーを借りている方は車。


        バレッタからマルサシュロック行きのバスに乗る。81番 85番

バレッタからバスで30−40分。マルタのバスはバレッタを中心に各地域に路線が出ているため、マルサシュロックに行く際は別の場所に滞在していてもバレッタで乗り換えが必要です。乗り換えの際に、途中のボンビBombiなどのバス停で乗り換えるグーグルマップが出るかもしれませんが、日曜のマルサシュロック行きのバスはマーケット目当ての観光客始発のバレッタからたくさん乗るので、満員で乗れなくならないためにも、めんどくさいかもしれませんが一度バレッタまできてここで乗り換えをすることをお勧めします。

               

                タクシーで行く。



グループでマーケットまで行く場合はタクシーで目的地へ向かうのもいいかもしれません。
滞在場所にもよりますが、タクシー代は日本より安いので、相乗りして割り勘するとバスより高くはなりますが、時間の節約になります。

私が使っているタクシー配車のアプリ ecab と言うのがありますが、
バレッタのシティーゲートから約12ユーロで目的地まで行けます。4人で行った場合、ひとり3ユーロとお得に行けます。バスの待ち時間からも解放され、旅の時間を有効に使えます。
IMG_2290.PNG

マーケット内を歩いて散策。

IMG_3096.JPG
IMG_3097.JPG

まずは日曜市の目玉商品。新鮮な魚介類売り場。COSTAカフェの前の教会付近からマーケットに入ったらすぐフィッシュマーケットがあるのでお魚を目当てにマーケットに来る方はこの辺りで物色します。同じようなラインナップの魚介類が各お店に並んでいて値段も大きく変わりはありません。購入の際は、魚を捌いてもらったり、値段交渉も可能ですので、トライしてみてください。魚を飼う際には、保冷バックを持っていくことをお勧めします。特に春から夏にかけて、気温が上がるときはできるだけ新鮮なまま家に持ち帰りたいですよね。日本のように保冷剤や保冷バックサービス的なものはありません。また、魚介類目当にマーケットに行く場合はなるべく朝早い時間をお勧めします。時間が遅くなると品薄になりますので要注意!

IMG_3090.JPG
IMG_3113.JPG

続いて、カゴいっぱいに入って並んでいる野菜や果物。ほとんどの商品が量り売りです。ビニール袋をもらって欲しいだけ袋に入れてお店の人に渡して支払いをすると言うシステムです。地元でとれた旬な野菜や果物がスーパーで買うより格安で手に入ります。

​そして私がよく買うのが新鮮なハーブ。1束1ユーロくらいで売っていて量もたくさん。イタリアンパセリやバジル、コリアンダーなどを買います。採れたてのハーブの香りが癒しでしかありません。

IMG_2291.jpg
IMG_2292.jpg
IMG_3120.JPG

観光や旅行でマルタに来たので魚介類や野菜は必要ない!と言う方でも、マルタのお土産を購入することができます。マルタレースやクロス、ナッツ類やオリーブオイル蜂蜜ゴゾ産の塩などが街中のお土産屋さんより安く手に入ります。自分用に、お友達や家族用に、購入するのもお勧めします。

IMG_1EA67F474888-1.jpeg

​ちょっと甘いものが食べたいな、と思ったときは、ショーケースにこれでもか!と並ぶスナックを試してみるにもいいかもしれません。

マーケットを散策した後はマルサシュロックのここにも注目!

マルサシュロックはマルタで一番大きな漁村です。

ここにくるとすぐに目に入ってくる光景が、漁港に停泊しているたくさんのな小舟。

地中海のなんとも美しい海に浮かぶ鮮やかな色の漁船がとても印象的です。実はこの船、フェニキア時代から現代まで続く伝統的な船で、ルッツと呼ばれる目が描かれています。これには魔除けの意味があり、船を守ると言われており、ここマルサシュロックでは今もまだ語り継がれているようです。

他では見れない、ルッツが描かれたカラフルな漁船と一緒に記念撮影も忘れずに!

​余談ですが、私は、このルッツをみると地元のにわかせんべいを思い出します。

IMG_3109.JPG
IMG_3111.JPG

マルサシュロックではぜひシーフードをお楽しみください!
おすすめシーフードレストランはまた別の記事で紹介します。

この記事のまとめ

・マルサシュロックサンデーマーケットは地元の人や観光客で賑わうスポット

・新鮮な魚介や野菜以外にもお土産もお手頃価格で買える

・漁港に浮かぶマルタ伝統のカラフルな漁船もマルサシュロックの見所!

​・お食事はレストランでシーフードがお勧め!

Want to Read More?

recommended read

LOT61

Valletta

LOT 61 Valletta
Untitled design (15).png

Mint

Sliema