• yuuri kuboyama

マルタの蚊事情

Updated: Apr 29, 2021

暖かい日が多くなってきました。朝晩はまだ冷え込みますが風の強くない日の日中は過ごしやすいです。


今日も日向ぼっこしながらブログを書いています。


まだ仕事が決まっていないので時間に余裕があります。

心地よいあったかさで眠気が襲ってきます。

でも日中こんなに眠いのにはある事情が。


それは、毎晩耳元で聞こえる耐えがたいノイズと毎晩戦っているからです。

季節関係なし。ハエと蚊問題。

マルタのことをネットで調べたことがある方は、すでにご存知かもしれませんが、マルタにはハエと蚊が大量発生?する季節がある模様です。


私も、夏になったら増えるのねー。くらいの軽い気持ちでいましたが、そうではありません。


冬の終わり。春の始まり。


ここ最近すでに蚊に悩まされています。


バレッタに引っ越してきた時から、部屋の中のハエの存在には気づいていました。

部屋の窓を開けたら、プンプン入ってきます。


それも1匹とか2匹とかいうレベルではなく、ざっとみて常に10匹以上はプンプン飛び回っています。


そんなハエさんたち、引っ越した当初は気になっていましたが


ズボラな性格を持ち合わせる私は、だんだん慣れてきたと言いますか、気にしていませんでした。


というのも、私にまとわりつくように飛んでる訳ではなくその辺を飛んでるだけなので、別にいいかなー。と。


それに夜になって窓を閉めると突然姿を消すので(私が見えてないだけ?)


友人には網戸みたいなネットを付けることを勧められたのですが、かわいい窓とそこからの景色が網戸のネットを張るだけで台無しになる気がして、未だためらっています。


窓際は私の仕事場でもあるので余計ネット張りたくない。とりあえず様子見です。






と、まあ。ハエさんはどうでもいいんですが、


問題は蚊です。


夜寝ている時。よほどのことがない限り、深ーい眠りにつく習性のある私ですが、プーンと耳元でなるノイズと、蚊に食いつかれた後の痒みで安眠を邪魔されています。


さすがの私もそれには我慢できず、真夜中に部屋の電気をつけ、たらふく血を吸って飛び回る蚊を叩きのめすべく、戦闘態勢。叩き潰して潰れた蚊の死骸と壁の血痕を確認し、安眠につこうとウトウトしてると、また耳元に響き渡るノイズ。


眠りを邪魔されると人はクレイジーになりますね。


睡眠っていかに大切か気付かされます。


そこで旦那がネットで調べた蚊の退治方法。


虫除けスプレーとかの化学製品使用が大嫌いな旦那は、にんにくで蚊を退治する方法を提案してきました。


にんにく片を潰して水に入れて沸騰させたものをベッドの近くに置くという方法。





蚊はにんにくの臭いが嫌いだからよって来ないらしい。


果たしてそんなんで効くのか?と疑い半分だったけど


結構追い詰められていた私たち夫婦。


寝る前にキッチンでフツフツとニンニク水を作り、ベッドサイドテーブルに配置。



いざ、寝ようとベッドに行くと。当然のことながら、


臭っっ。


いや、本当くさっ。


蚊だけやなくて、人間も寄り付かんわ。


と思ったけど、なんかだんだんと鼻が慣れてきた 笑 

適応能力。


半信半疑で眠りにつきました。



その晩。蚊が来なかった!


え?効果あり?


次の日もまたニンニク水配置。ニンニク臭と共に就寝。


効果あり。


次の日も。


効果あり。



なんと、ニンニク作戦効いております!


本当はオシャンなリラックス効果のあるアロマとか部屋に置いてリラックスして眠りにつきたいのですが、当分の間ニンニク臭に囲まれて眠ることになりそうです。







これからマルタでの生活や日々の出来事、海外移住についてや語学留学についての情報を発信して行けたらな−と思っているので、ぜひまだブログに遊びに来てください


Ciao!





313 views