マルタVISA取得までの道のりは長い

こんにちは。 マルタは夏が近づき、日が長くなってきました。昨日も夜の8時とかでもうっすら外は明るかったので何か時間の感覚がわからなくなってきました。 そのうち慣れるのかな? 今日は、嬉しいニュース! マルタに移住してきてもうすぐ4ヶ月になるんですが、こっちにきてビザの申請手続きを行っていました。 コロナ渦のため、本来は申請書類を提出する作業が、全てオンライン。 控えめに言って、マルタのオンラインシステムは悲惨です。 提出書類のことでちょっとわからないことがあって、メールで確認するんですがその返信が2、3週間後にきます。涙 何度か電話もしたんですが、電話には出ません。 こうなったら直接オフィスで聞こう!と思ってオフィスに行ってもオフィスは閉まっているため、予約以外は受け付けませんと追い返されました。無駄足。 そしてめちゃくちゃ振り回されている… そんなこんなで提出までに少し時間がかかり、やっと書類準備できて全て送信し、受理しました。というメールが2週間後にきました。それから何度か確認のメール送ってるのですが自動返信メール以外は来ず。 ただただIDオフィス(ビザオフィス)からの連絡を待ち続けること約2ヶ月。 マルタでの仕事の内定は頂いているのですが、EUパスポート保持者ではないためIDカード(マルタのビザ)が発行されてから就業開始、という契約なのでとりあえず今はID待ちです。 先日会社の人事部の人からメールが来て、ところでビザどうなってんの?進行状況教えて。 とのこと。 どうなってんの?も何も、こっちが知りたいわー!と言いたい気持ちを抑え、書類提出して受け取ったという連絡から早2ヶ月。なんの連絡もないし、オンラインでのやりとりだから今がどの段階なのかもわからない。と言うことを伝えたら、 オッケー。ちょっとなんとかしてみるから、ビザ申請の書類のデーターを会社にメールで送って。と。 ビザ取得に時間がかかりすぎているしこの先どんだけ待たされるのか途方に暮れていたため、弁護士雇おうかとも思っていました。 残念ながらマルタIDビザのレビューは良くなくて、コメント見ても、ビザが来ない、めっちゃ待たされている、と不平不満がたくさん。そして私たちもその大勢いるビザ待ちの中の一人。 こんな最中だったので、会社からの助け舟。ありがたやーー。 会社人事部からのやり取り後、1週間もしない昨日やっとマルタIDオフィスから、 次の予約取れたので、書類記載して指定の日にオフィス来てください。とメールが来ました。 これは確実に会社人事部のおかげと確信しています。 マルタでは外国人がのたれ回るより、現地人の一声で全てが解決。 これも海外に住む試練と思って、受け入れよう。 とりあえずビザ取得に一歩近づいたので、ほっとしています。 と言うのも、マルタ入国は観光ビザだったので、普通だと3ヶ月で観光ビザの期限が切れます。冒頭で少し言ったのですが、私はもうすぐマルタに来て4ヶ月… 観光ビザの期限切れてるーー涙 (この件に関しても観光ビザの期限が切れるからその前にビザの発行お願いするメールや、ビザの発行が間に合わないんだったら何かビザ申請中が証明できるものを発行してと、メールでお願いしてたけど、担当者にメール転送しますと言うメールがきてその後スルーされていました。) 私の身を守る唯一の証明書は、EUパスポート所持者と結婚していますと言う、結婚証明書。 身分証明書見せて、と聞かれることがあるのですが、その時はマルタのバスカードで乗り切っていましたw は?って顔されますがw IDは申請中だからない。パスポートは持ち歩いてない、と強気姿勢で強行突破w まだビザ取得はできていないので、安心はできませんが、長かった。ひたすら待ち続ける日々が終わり、少し先が見えました。 希望の光。だと信じて、がんばります。 ブログランキング参加しています。とても励みになりますのでポチッと応援よろしくお願いします! ciao

マルタVISA取得までの道のりは長い